読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町でうわさの本読みブログ

誰にも気づかれないうちにタイトル変更。現在は読書感想と、日常の面白いことについてつづります。

ベルサイユのばら ぴあ

「ベルばら」連載45周年記念のムックというやつですわ。 特別付録としてポーチ付きよ! ベルばらのストーリー、登場人物、名場面の紹介など、定番の内容。 アニメや宝塚についても解説あり。 珍しかったのは、アニメでオスカルさまとアンドレの声を担当した …

「メタモルフォシス伝」 山岸凉子

何やら固いタイトルですが、さわやかな学園まんがです。 なんとびっくり40年前の! 山岸凉子さんといえば、バレエもの、怪奇もの、歴史ものなどで有名ですが、 こういうのも描かれてたんですねえ。 キャリアの長い方ですし、いろいろありますな。 ある超進学…

「海月姫 16巻」 東村アキコ

長編まんがのいきなり途中の巻を紹介するというのも珍しいですな。 ま、1巻から説明すると長くなるので。 1年数か月ぶりに新刊が出たと思ったら、 帯には「最終章突入!!」って、そんな唐突な。 まあ、東村先生、売れっ子ですからねえ。 いろいろお忙しいで…

「おにいさまへ…」 池田理代子

さて、今回の作品、知ってる人は知ってるけれど、 知らない人は全然知らないかもしれない。 あの池田理代子先生が「ベルサイユのばら」終了後、 その興奮も冷めぬうちに描かれた(多分ね)めい作です。 「めい作」のめいにはどんな字をあてればよいのやら。 …

「言霊」 山岸凉子

2年ほど前に発売されたこの本、よく読み返しています。 単純に山岸先生のファンだから、というのも大きいですけど。 裏表紙には「心と言葉。あまりに密接な関係」との言葉。 ヒロインはプロのバレリーナを目指しているが、 いまいち本番に弱く、コンクールで…

「ベルサイユのばら 365日幸せノート」

ここ何年かの流行りだと思うのですが、 よく人気まんがとかの名言集のような本が出てますよね。 例えば「ドラ〇もん」とか。 そういう感じの本で、私の好きな「ベルサイユのばら」も 出ないかなあ、と思っていました。 そんなに好きなら、名言とか自分で読ん…