読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町でうわさの本読みブログ

誰にも気づかれないうちにタイトル変更。現在は読書感想と、日常の面白いことについてつづります。

愚痴を(なるべく)言わない方法

いやあ、愚痴って漢字で書くとすごい字ですね。

この字を見ると、確かに愚痴は言いたくなくなる。

言うたびに口の中が濁りそうで。

 

とは言っても、たまには言いたくなります。

人間だもの(byみつを)。

 

ま、ほんとにたまにならいいけれれど、

いつもになってしまうと、聞くほうもめんどくさくなるし、

そうなると、言うほうにとっても結局マイナス。

 

ここはやっぱりお手軽なストレス解消法を見つけることですね。

 

この間、久しぶりに友人とカラオケに行ったのですが、

いやあ、楽しかった!

 

2人で3時間だったのですが、私としては人生最長カラオケ。

もちろん、だらだら歌ったし、端末いじって懐かしソングを探してみたり。

 

お互い当然仕事で面倒なことはあるし、

そういったことを言い合う(互いに聞きあう、というほうが正しいか)時間に

なるかしら、と思ったけれど、

歌っていると、「そんなこたあ、もういいか~」てな感じになりました。

 

多分、これでいいのですね。

仕事や日常の面倒なことって、もちろん具体的に行動を起こして

どうにか変えていかなければならないこともある。

 

でも、単なる愚痴なら、けっこういろんなやり方で発散できるのかも。

カラオケとか、スポーツとかなら他人に負担をかけずに発散できる

一番いい方法なのかもしれませんね。

 

う~ん、ほんとシンプルな答え。

 

冒頭にも書いたけれど、私はなるべく口の中を濁らせたくないし、

自分なりのストレス解消法を見つけていきたいです。

 

とはいっても、一人カラオケはまだちょっと怖くて行けないし

(最初の一歩を踏み出せば、どうということもないのでしょうけど)、

リウマチ持ちなので、スポーツはちょっと。

 

こうして地道にブログを更新するのが一番向いているかな。