読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町でうわさの本読みブログ

誰にも気づかれないうちにタイトル変更。現在は読書感想と、日常の面白いことについてつづります。

宝塚「るろうに剣心」

f:id:chinazou:20160316054920j:plain

先週も宝塚の「るろうに剣心」を観に行ってまいりました。

同じ作品を2回も見るのは久しぶりです。

 

ヅカファンなら、2回どころか10回以上なんて珍しくもないけれど、

地方に住んでいると、なかなかねえ。

 

さて、「るろ剣」はうわさ通り、いや、それ以上の美形キャラクター祭りでした。

私は原作はよく知らないのですが、

人気キャラも、そうでもなさそうなキャラも、はては原作に登場しなかったキャラも

必要以上に美形になって、もうこちらはどうすればいいのやら。

息つくひまなし!

 

もちろん、楽しかったですよん。

 

美形っぷりもすごかったけれど、殺陣というのですか、それも大迫力。

 

クライマックスでは階段をつかっての大立ち回り。

あれだけのことを毎日やっているのだからすごいですよ。

舞台だから、あらゆる角度から見られるし、失敗したら大けがにつながる。

 

この作品のためにもちろんプロから指導を受けたのでしょうが、

それだけではなく、常日頃の心構えや、

共演者やスタッフとの信頼関係が大事なのでしょう。

 

そう思うと、宝塚独特の厳しさ(上下関係、細かなしきたりなど)も、

意味のあるものだと思います。

 

ハードな舞台を乗り切るために、精神力や体力を早いうちから

鍛えておくのでしょうね。

 

そういった地道な積み重ねがあってこその華やかな舞台!

はい、堪能させていただきました。

 

 

宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 (講談社+α文庫)

宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 (講談社+α文庫)