読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町でうわさの本読みブログ

誰にも気づかれないうちにタイトル変更。現在は読書感想と、日常の面白いことについてつづります。

「海月姫 16巻」 東村アキコ

長編まんがのいきなり途中の巻を紹介するというのも珍しいですな。

ま、1巻から説明すると長くなるので。

 

1年数か月ぶりに新刊が出たと思ったら、

帯には「最終章突入!!」って、そんな唐突な。

 

まあ、東村先生、売れっ子ですからねえ。

いろいろお忙しいですよね…。

 

この最新刊では、

ヒロインたちのおしゃれに対する関心のなさが炸裂してます。

ファッションまんがなのに。

 

なにしろ、着たい服(つーか着てもいい服)は、

「楽で」「丈夫で」「目立たない」服。

できればそういう服で結婚パーティに行きたいと言います。

ま、そもそも呼ばれてもいませんが、仮に行くとしたら、です。

 

「おしゃれさんでなくとも変だとおもわれなければそれでいい」と。

「広いデパートで服を買う苦しみから解放されるなら」とも。

 

ああ~、わかる! わかります。その気持ち!

私も服に興味などありません。

わはは、言ってしまった。

 

おしゃれな人を見るのは好きです。

でもそれで自分がどうこうしたいとは別に思わない。

見苦しくなきゃいいや、くらいにしか思ってません。

 

たぶん、そういう人はけっこう多いのではないでしょうか。

でも、なんだかそれを言いだせない世の中なんですよね…。

 

しかし、東村先生は言っちゃいました。

それが、この人がほかの作家と大きく違う点でありましょう。

 

さて、もうすぐ終わりそうなこの物語、

ださださのヒロインたちが多少はおしゃれ好きになるのでしょうか。

 

ま、なってもならなくても、それもまた人生。

 

海月姫(16) (Kissコミックス)
 

 

 

海月姫(16) (KC KISS)

海月姫(16) (KC KISS)