読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町でうわさの本読みブログ

誰にも気づかれないうちにタイトル変更。現在は読書感想と、日常の面白いことについてつづります。

宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 貴城けい

宝塚

長いタイトルですなあ。キーボードで打ち込んでみて改めて思いますわ。

 

元宝塚トップスター、貴城(たかしろ)けいさんによる

自分磨きの本、とでもいうべきでしょうか。

 

「ブスの25箇条」というのは劇団内のある場所に貼りだされているそうな。

例えば

1 笑顔がない

2 お礼を言わない

3 おいしいと言わない

4 目が輝いていない

5 精気がない 

などなどほんとに25個。

 

これ、面白いのはすべて否定形ということ。

 

あ、以前見たどこかの記事では外見について書かれていない、

とあったけど、まあ宝塚に入った時点で、それは平均以上ということだもの。

あとは内面が大事、ということなのかな、と受け止めました。

 

で、否定形の話に戻りますが、ふつうに考えれば

「笑顔がない」よりも「笑顔になろう」のほうがいいですよね。

宝塚のような夢を売りにする世界で、なぜ否定的な言い方をするのかなあ

と思っていたのですが、これ、敢えてなのかも。

 

壁に貼られた「笑顔がない」という言葉を見て、

「あ、それ今の私かも!」と、ギクッ! とする、

それをきっかけに自分を見つめ直す、という効果を狙っているのかな、と。

 

実際はたまたま否定形で書かれただけかもしれませんが。

 

宝塚はよく知られているように特殊な世界です。

私たちが参考にできるようなことは一見ないような感じもしますが

(音楽学校では毎朝1時間かけて掃除をしていたそうな)

この25箇条を見てギクッ!とすることだけは出来そうです。

そうなれば気分だけでもタカラジェンヌに近づける!?

 

宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 (講談社+α文庫)

宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 (講談社+α文庫)