読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町でうわさの本読みブログ

誰にも気づかれないうちにタイトル変更。現在は読書感想と、日常の面白いことについてつづります。

「完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込」  若林正恭

エッセイ

今さら説明するのもまぬけですが、

お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭さんのエッセイです。

 

文庫版では単行本未収録だった部分も追加されているそうな。

私は始めから文庫で読んだのですけども。

 

さて、その内容はというと、とにかく自意識過剰。中二病全開。

なんだかラスコーリニコフ罪と罰の主人公ですね)みたいだなあ、と

始めはちょっと意地悪く、にやにやしながら読んでいました。

 

しかし読み進めていくうちに、

「これ、私のことじゃん!」と気づきました。

 

例えばスタバで「グランデ」と言えない。

誰も自分のことなんかみてない、それはわかっている。

でも、自分が見ているのだ!  などなど。

 

ああ~、わかるよ。わかりますよ。

なんだよお~、自意識過剰は私のことかい。ははは、こりゃまいったね。

 

と、なんだか意外な結論(私にとっては)になりましたが、

若林さんはさすがプロの表現者です。

読者が「ああ、わかる」というだけでは終わらないものがあります。

思わず「ううむ」とうなる名言も。

 

「ネガティブを潰すのはポジティブではない。没頭だ」

「状況がダメなのではなくて、状況をダメだと捉えてしまうことがダメなのだ」

などなど。

 

中でも一番心が動かされたのは、単行本化されたとき、

ある読者からの感想の手紙についてのこと。

 

「暗闇に全力で投げた本が君に当たった音が、ぼくの耳にちゃんと聞こえたんだ」

 

おそらく、雑誌に書いていたときは誰が読んでくれているのか、

もしかして誰も読んでいないのか、きっと不安だったのでしょうね。

自分のメッセージというか表現が、暗闇に吸い込まれているだけかも、

と思った時期もあったのかもしません。

 

でも、ちゃんと相手に届いていたのですね。

君は一人じゃない、なんて言葉は安っぽいけれど

(あ、こういう言い方が自意識過剰なんだな)

でも、とても大事で勇気づけられることなんだ、と改めて思いました。

 

私のこのブログは今のところ、暗闇に吸い込まれているだけかもしれませんが。

 

本の帯には「就活生に薦めたい」とありましたが、

むしろ、大人にオススメかも。

まだまだ自分は自意識過剰だし、それはそれでもいいのかも、

と思わせてくれる本です。