読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町でうわさの本読みブログ

誰にも気づかれないうちにタイトル変更。現在は読書感想と、日常の面白いことについてつづります。

ベルサイユのばら ぴあ

「ベルばら」連載45周年記念のムックというやつですわ。

特別付録としてポーチ付きよ!

 

ベルばらのストーリー、登場人物、名場面の紹介など、定番の内容。

アニメや宝塚についても解説あり。

 

珍しかったのは、アニメでオスカルさまとアンドレの声を担当した

田島令子さんと、志垣太郎さんのインタビュー。

放送当時ならともかく、30年以上たった今でも

ちゃんと語ってくれるのはありがたいことですね。

 

そしてもちろん、原作者の池田理代子先生のインタビューも。

「ベルばらを描いたきっかけは?」なんていう、

もう何千回も聞かれたであろう質問にも丁寧に答えられています。

 

その中で、ベルばらとは直接関係ないけれど、印象深い言葉がありました。

「プロは常時100くらいのアイデアがないとダメ」

「その人がどんな本を読んで、どんな人生経験をつんできたかが全部、出ますから」

 

う~ん、ずしりと重い言葉!

これはまんがだけでなく、文章でもきっと同じこと。

 

何かを表現するということは、自分自身のすべてをさらけ出すことなのでしょう。

 

ベルばらも若き日の理代子先生がすべてをさらして描いた作品ですよね。

私たちは作品を通して、作者の魂を感じとっている、ということなのかな。

 

そう考えると、本(もちろん、まんがを含む)を読むって、すごいことですね。

なかなか他人の魂に触れることは出来ませんよ。

自分自身の気持ちですら、ふらふらしてるのに。それは私だけ?

 

あら、ベルばらから、なんだか思いもかけぬ結論に。

 

とにかく理代子先生のこの言葉だけでも、2500円の価値はあります。

豪華付録つきだし。

 

いや、いきなりそのお値段はきついわ、という方には

宝島社の「池田理代子 麗しの世界」からどうぞ。

こちらも、イラストやインタビュー、作品解説満載で楽しめます!

 

あ、私、ベルばら自体は紹介してなかったですね。

今ごろ気づくなよ。

 

ベルサイユのばらぴあ (ぴあMOOK)

ベルサイユのばらぴあ (ぴあMOOK)

 

 

 

池田理代子 麗しの世界 (TJMOOK)

池田理代子 麗しの世界 (TJMOOK)